- トリガーポイント鍼+筋膜リリース

トリガーポイント鍼+筋膜リリース療法

  • 今まさにギックリ腰だ
  • 五十肩で腕が上がらない
  • クビ・肩に深いコリがある
  • 腰に鉄板が入っていると言われる
  • 関節の動きに左右で大きな差がある
  • 大会の日程に合わせて調整をしたい

トリガーポイント

筋・筋膜の不調から起きるコリや痛みの引き金(トリガー)となる治療点(ポイント)をトリガーポイントといいます。
わかりやすくイメージしてもらうのならば、肩コリがある時にキュッと押してもらって、「あー、そこそこ!」「効くー!」など、イタ気持ちよく周りの筋肉に響くところです。

トリガー(引き金)というだけあってトリガーポイントのある局所に限らず、トリガーポイントのある部位から遠く離れたところに痛みを作ることが多々あります。

治療

トリガーポイントの治療には痛みのあるところに限らず広い範囲を見渡せる診察能力と、発見したトリガーポイントの中心を的確に打ち抜いてトリガーポイントを消滅させる刺鍼技術を要求されるため、治療には豊富な経験と熟練した技術が必要です。

筋膜リリース

筋膜は筋肉を袋状におおう薄い伸縮性のあるツルッとした膜です。
鶏肉料理をされたことがある方ならば必ず見ている筋肉に張り付いている半透明の膜です。

となりあう筋肉が運動するときの摩擦を少なくするための保護膜ですが、かたよった運動の繰り返しや栄養状態の悪化から膜と膜の間で摩擦が強くなり次第に肥厚して、さらに滑りが悪くなり、さらに肥厚して…と悪循環の末、筋膜はやがて炎症を起こして痛みを引き起こす原因になります。

治療

治療には筋・筋膜の走る方向と関節の動き方の知識と繊細な触診能力が要求されます。
膜と膜の癒着を丁寧に取り除き滑りを良くすることで膜にかかっていた負担が軽減され周辺の血液・リンパの流れも改善され炎症も押し流されて症状は改善します。


トリガーポイント鍼+筋膜リリース

トリガーポイントの出来るところと筋膜が肥厚したり滑りが悪くなったりする現象は同じ場所で同時に起こることが多いため治療時はトリガーポイントと筋膜リリースを同時におこなう必要があります。
当治療室のトリガーポイント鍼+筋膜リリース療法は、カラダへの負担の軽い比較的少ない鍼の本数で即効性があるため、患者様から高い評価をいただいております。
「筋膜はがし」などとメディアでも取り上げられ一般的になった筋膜リリースやトリガーポイントですが、当治療室では一般の方からプロスポーツ選手まで数多くの臨床実績を積み重ね、部位・症状別の即効性のある刺鍼点やリリースポイントを確立することで鍼や筋膜リリースが初めての方でも十分に効果を実感できる、安心してお任せいただける治療を行っております。

大会競技など期限の限られた環境での故障時やマッサージでは物足りない奥の方にある酷いコリにはトリガーポイント鍼+筋膜リリース療法が最も有効な治療法になることは間違いありません。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒586-0034
大阪府河内長野市上田町93-8

駐車場

2台あり

休診日

火曜

ご予約について

完全予約制
※往診も行っておりますので、ご来院される方は必ずご連絡下さい。